新スタートは新しいオフィスで!起業や移転で「築浅」が選ばれる理由

新しく起業する場合や、心機一転してオフィスを移転する場合に選ばれているのが築浅です。

賃貸オフィスを探す場合、新築であるか中古であるかが明記されていますが、この中間にあたるのが築浅になります。

新築は建設されて1年未満の物件ですが、家賃が高いことやシックハウス症候群が出るリスクなどもあります。

それに対して築浅の場合には、建設されてから1年以上で3年未満の物件がメインになるので、中古ほど古くもなく新築よりも家賃が安いというメリットがあるのです。

築浅物件にはまだ誰も入居していない物件も存在しているので、新築と同様の感じで利用できる場合もあります。

このように新築と中古の双方のメリットがあるからこそ人気が高いのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

  1. 大阪で賃貸オフィスの坪単価が1番高いのが梅田近辺の「北エリア」になります。難波や心斎橋といった、…
  2. 賃貸オフィスを探すにあたってまず一番先に検討する事は、初期費用がいくら位かかるのかという事が大事です…
  3. オフィスを移転するとなると多くの費用が掛かることになります。物件を購入してオフィスにするとなると…
  4. この記事ではオフィス移転にかかる費用について記載していきます。どのような費用が必要になるのか、具…
  5. 日本の市場の中心でもあるのが東京です。しかし東京というのは沢山のエリアがある場所でもあります。…
  6. スタートアップ企業がオフィスを東京で賃貸したいと考えれば、「五反田バレー」と呼ばれ、坪単価1万5千円…
  7. 賃貸オフィスを借りると、最初に契約したときの初期費用が最も高く付くのが一般的です。敷金や礼金、引…
  8. 神奈川県は東京に隣接する関東各県の中でも、横浜や湘南エリアなど人気の地域が多い地域です。県庁など…
  9. 賃貸オフィスをおしゃれにするポイントは、壁紙や天井や床の色がとても大切ですが内装に関係なくおしゃれに…
  10. 東京のおしゃれな賃貸オフィスで働きたいと夢見る方は多くいることでしょう。コーヒー片手に颯爽とタイ…

関連リンク

  • フリーキラ

    人にやさしく、口に入っても安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水のフリーキラZ。細菌・真菌ウイルスに対して幅広い殺菌効果を持ちつつ、安全性も高く野菜・果実などの食材にも使用できます。

    www.freekira-shop.com/

PAGE TOP